えむの呟き。

ボヤキが多いかもしれませんが。

夫の『まさか』に、恥ずかしかった。

三男が来春に就職する会社から招待され、企業見学に行ってきた。

 

 

 

案内の文書によると、動きやすい服装・歩きやすいスニーカーなどの私服で…と書かれてある。

 

いつものバカっぽい服装じゃマズイと思い、白のニットを購入し、家にある黒のフレアパンツにスニーカーで参加した私。

 

天気予報ではかなり冷え込むと言われていたので、モコモコブーツを履いていこうかと思ったけど、やめておいて正解だった。

 

かなりの距離を歩き、狭くて急な階段を歩いたので、文書の《私服》とはこういうことだったのか!と納得したのである。

 

 

 

家を出る時、三男とお互いに「これで大丈夫だよね。」と確認したのだが、一人 確認するのを忘れていた。

 

 

 

 

 

夫は上にダウンジャンパーを着て、下はスラックスっぽかったので、まあ大丈夫かと思っていた。

 

車を降りる時に、「ジャンパーを着るほどでもないかっ。」と脱いだ。

 

「えっ、セットアップを着てきたの?。」

 

動きやすい服装と書いてあったのに、なんでまた中途半端なおしゃれ着なのよ!。

 

三男が、「革靴履いてきてさあ。意味わからん。」とぼそっと私に言う。

 

「ねえ、動きやすいスニーカーなどって書いてあったし、私が『ブーツはやめておいた方がいいよね?』って聞いたら、危ないからダメって言ったよね?。なんで、革靴なの?。」

↑半ギレの私

 

「これ、動きやすいんだよ。」とセットアップの理由を平気な顔をして言う。

 

 

 

いやいや、わかってるよ。

 

あなた、ここぞと言う時はセットアップを着るでしょ?。

 

それも、中のシャツはヨレヨレだし、今日なんて靴下は夏用の緑のメッシュ生地!。

 

まいった。

 

なんで、コソッと目立ちたいのかね。

 

私は、とんでもなく恥ずかしかった。

 

 

 

そして、社員の方にいろいろ質問をしている。

 

「お詳しいのですね。」と言われた夫は、「私は〜〜社に勤めておりまして、少し関係があるものですから。」と〜〜社勤めのアピールもしっかりしてる。

 

 

 

 

 

なんか、疲れた。

 

見学は、この先二度と立ち寄ることが出来ないだろう場所に行けて、感動したし、三男のこれからの未来が楽しそうだと思えて、充実した時間だった。

 

夫、君のセットアップ姿は、とんでもなくダサかったよ。恥ずかしかった。

 

妻(私)がダサい・やめてと言っているのに着る気持ちの強さは、どこにあるの?。

 

 

 

いろんな意味で、強い夫が羨ましい。